読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外に出たいけど出たくない

軽度の引きこもりの日常と趣味のブログ

文房具フェアに行ってきた!レポ1

近所の文房具店で日頃のご愛顧大感謝!文具フェアを開催して

いたので行ってきました。

フェア、ということで大企業のブースがいくつもあって、

中々盛り上がった様子を書きたいと思います。

長いので前編と後編でお送りします。

ブースでお話を聴いたのは

の方たちです。ありがとうございました。

前編はコクヨリヒトラブを。

もう引きこもりなんて言ってられないな・・・

 

 

コクヨ 

コクヨで紹介されていたのはキャンパスツインリングノート、

キャンパスジュニアペンシル。ペンはサンプル品を頂きました。

f:id:cotocotocoto:20170129090120j:plain

リングノートに力を入れているらしく、A4サイズも人気ですよ!と

熱烈な売り込み。テーブルが小さくてパソコンと一緒に開けなくて

A5を横置きで使ってます~と言うとちょっとびっくりされました。

やっぱり商品が大人向けなデザインなので、オフィスの広いデスクで

使うのを想定されていたらしいです。

方眼ノートちょっとお高めですよね、とこそっとお話してみたところ、

やはり印刷のインクコストが・・・とのこと。前々から横罫と

同じ値段だったら手に取る人も増えるかも!

と思っていたのですが残念。

キャンパスツインリングノートはA5¥330から。

少しお高めですが、ミシン目付きで方眼、ドット方眼、無罫

から選べます。サイズも豊富。

 

次はジュニアペンシル。

太い芯も売られるようになりましたが、やはり

普及はさほどしてないのがマイナスで興味があったけど

買っておりませんでした。

f:id:cotocotocoto:20170129092615j:plain

いざ使うと懐かしい書き心地がします。

鉛筆削るのめんどくさいけど鉛筆のような書き味で書きたい、

という方にお勧めです。あと文字をはっきり認識できるので

お子さんに良いかも。ジュニアペンシル、というだけあって

デザインもカラーも明るく元気な感じがします。

ただ大人が使う用の鉛筆シャープも勿論あるのですが

いかんせんもっとスタイリッシュなデザインだと嬉しいかな。

ちょっとごつごつした感じに思えるので。

コクヨホームページのリンク↓

www.kokuyo-st.co.jp

 

リヒトラブ

どちらかといえば文房具よりバック、ポーチの印象がつよかった

リヒトラブ。初めて買ったのもバックインバックでした。

ブースもバックの新デザインを売り込んでいるように感じました。

スマートフィット キャリングポーチの新デザインは千鳥柄と迷彩。

人気らしく、迷彩はほぼ売り切れていて、千鳥柄しかありませんでした。

私が持っているのは写真左上キャリングポーチA5ネイビー。

f:id:cotocotocoto:20170129094613j:plain

別売りショルダーベルトを取り付けて

使っていたのですが、スマートさは申し分ないかわりに

入れられるものが限られてくる、という問題が発生。

男性だとスマホタブレット、メモ帳、財布と少なくて済むのに対し、

女性はどうしても入れるものが多くなりがちで、

バックがパンパンになって、せっかくのスマートさが損なわれがちに。

f:id:cotocotocoto:20170129095040j:plain

写真左上キャリングトートバックに変えればバックパンパン問題は

解消できそうです。フェアでは二割引きで売っていてどうしようかと迷いましたが

ネイビーがないので諦め。(ネイビー大好きです・・・)

リヒトラブホームページのリンク↓

www.lihit-lab.com

 

次回はキングジムスリーエムをお送りしたいと思います。